和泉おらんか劇場

さすらいの中堅ワーキングマザー和泉おらんかが、一日の終わりにぐったりしているワーキングマザーに元気を届ける!をモットーにまんが、こばなし、エッセイを更新中。スマホの方は右上三本線をクリックすると目次が出ます!

ハロウィーン仮装のうまい断り方

こんにちは 和泉おらんかです。
もうすぐハロウィーン、いかがお過ごしですか。

 

今週末ハロウィーンパーティーを控えておられる方、
31日(火)の平日に学校や職場などでハロウィーンイベントがある、
だいたいの人がそうなのではないでしょうか。

 

ハロウィーンなんて、私が子どものときは
アメリカの感謝祭とか、中国の旧正月レベルになじみのないイベントでした。
いつのまにか日本全国に浸透しましたね、ハロウィーン。(あと恵方巻。)

しかも最近浸透したイベントの割に
結構ノリノリで仮装してますよね、みんな。
私も、普段まじめな人たちが仮装してハメを外していたり、
知らない人とイエ~イみたいな楽しいノリは好きです。
(自分は人見知りだから、遠くからみるだけですけど)


仮装もそこそこ地味な感じで楽しんでます。
子供にお菓子配るのも楽しいですし!


ただ、そんな私にも1点、憂鬱なことがあります。

 

それは・・・

自分がやりたくないグループ仮装をせまられること。

以上であります。


どういうことかっていうと・・・

まずグループ仮装っていうのは、

ハロウィンの中継などでよく映ってる、

グループで一つのテーマにそって仮装してるやつのことです。

例)かわいいお姉さん4人組でおそろいミニオン
  スーパーマリオキャラでそろえる などなど

 

みんなで仮装って楽しいですけど、
どうしても自分が乗り気になれないテーマの仮装に誘われてしまったとき、、、

断りたいですよね。


そんな方に向けて今日は、

ハロウィンで乗り気になれない仮装に誘われたときの

角が立たない断り方をシェアしたいと思います。


「私、ハロウィン興味ないんだ。」って答えて終了な人は
本日の記事、まったく得るものはありません。申し訳ございません。

 

今日はハロウィンそこそこ楽しんでるけど、
やりたくない仮装をやらされかけてるというニッチな悩みを持つ人むけのお話です。

 

~~~~~~~~~~~

 

先日、こないだの宴会の記事に登場した私にAKB踊らせようとした美人の同僚に

「和泉さん!ハロウィーンはおそろいでメイドしましょうよ!」って誘われました。

 

参考過去記事

blog.izumioranka.com


なんで2017年にメイドなの・・・メイドやるぐらいだったら、

私はメイドインアビスやりたいよ・・・。という心の叫びはおいておくとして

 

私は美女とおばさんが二人でメイド姿さらして
職場が「?」マークでうまる地獄絵図が瞬時に浮かびました。

今回ばかりは美人でもきついぞ。

 

こんなとき、もごもご・・・ってしてると
あっという間に引きずり込まれます。

 

なんなら誘う側は一人だと恥ずかしいけれど
仲間さえいれば、絶対にやりたい!と思って誘ってきてるからです。
最悪、「え?買っちゃいましたよ~」なんて
私の分まで衣装を買ってきてしまうこともあるので
とにかく断るのはスピード勝負です。

 

下図の通り、手順①~④を記載します。

 

 

f:id:oranka:20171023000629p:plain


これでばっちりです。①~④をぬかりなく行えば
誘った側も当日一人で、もしくはほかの人と楽しく仮装ができるというもんです。

 

④のそこそこ仕込んだ仮装ってどんぐらい?という感じですが、

頭に角付けたり、ステッキをもつぐらいだと

誘ってきてくれた相手に

「なんだ、ただ私との仮装断りたかっただけじゃん。」と思われて角が立ちます。

 

「洋服が見えなくなるぐらいなにかをまとう」レベルがいいのではないでしょうか。

それって結構大変・・・とおもわれた方におすすめなのが

 

黒い大きなマント、あるいは魔法使いの黒い服

お面

 

が結構楽です。

お面は旬なネタを意識すると仕込んでる感でますよ。

お面の部分だけ毎年変えればいいのでトータルお安く済みます。

 

具体例もかいておきますね。

 

シャンシャンになりきる。

鼻からおしりまで黄色いメジャーつけておいて

シャンシャンって測られてる姿しかみたことないっすっていっておけば

そこそこうけるのではないでしょうか。

 

 

 職場、学校のホットなネタをぶっこむ。

例えば職場に最近パパやママになられた方がいたら・・・

これかぶって「パパ~ママ~」と泣いとけばOK。

旬な芸人さんの力を借りる。

 まだいけるかな・・・

 

それでは素敵なハロウィーンを!!

おやすみなさいませ。