和泉おらんか劇場

創作4コマ漫画やエッセイこばなしを更新中。twitterにて更新情報お知らせします!フォローしてくださいね♪ @izumi_oranka

うける余興のアイデアの出し方

 

 

f:id:oranka:20161025012902p:plain

 

 

こんばんは、和泉おらんかです。

私は実によく、宴会や余興の台本をかいています・・・。

会社のイベントとか結婚式など、主に人に依頼されるのですが、

自分からやります!っていってやることも多いです。

そう、私は人が喜ぶ場をあれこれ考えるのが好きなのです。

もうそれを仕事にしなさいよと言われるぐらいですが、仕事にはできません。

 

・・・なぜならば!!

時々やりすぎて、偉い人を怒らせたり、超すべったりするからです。

安定的に70%程度のものを提供し続けるなど・・・私には無理なのです。

 

ただ、言いたい放題言えるこの場をお借りして今日は

自称 宴会作家・和泉おらんかとして

うける余興のアイデアの出し方を語りたいと思います。

 

ただですね、 

即興でどんな曲でもバイオリンで弾けるとか、テッパンの持ちギャグがあるとか

圧倒的な歌唱力とか、超すごい手品ができるとかそんなものをお持ちでしたら、

もう私の話なんぞ右から左に受け流してください。

今回の記事は余興をたのまれたけど、

特にこれといって特技ないし、なにしよ~かな~って思っている方向けです。

 

それではいきましょう。

 

まず皆様は「余興たのむわ。」といわれたら何をしますでしょうか。

 

とりあえずググるかとおもいます。

「宴会芸 うける 歓送迎会」みたいに。

超いっぱい情報が出てくると思います。

 

ただ、どれも自分がやるとなると、しっくりこなくないですか?

 

ググってもいいんですが、まずその前に明確に答えを出しておきたいのが

宴のメンバーの中での「自分のキャラ分析」と、その宴の「コンセプト」です。

現状がなんたるかをわかってからでないと、無数の手段の中から答えを選べないのです。

 

先日美人の20代の同僚に

 

「和泉さん、私来週の歓迎会でAKBのフライングゲットやりたいと思うんで、

一緒におどってください。」

 

いわれました。

 

「なんで2016年の春にフライングゲットやるの?

新しく来る人がマエダアツコさんとかなの?」と素朴な疑問をなげかけると、

 

「ちがいますよ~みんな知ってる曲だし、もりあがるかなって」と。

 

私は美女とおばさんが二人でフライングゲットさらして

宴が「?」マークでうまる地獄絵図が瞬時に浮かびました。

 

「いや、あんた、理由それだけかい。おばさんがAKB踊るにはそれなりに理由がないと踊れないんだわ。」と丁重に断りました。ただ、これで終わったらただの嫌なババァなので宴会作家としてアドバイスをば。

 

これは、

宴会のコンセプトとキャラの分析が行われていないがためのミスです。

おそらくこれはすべるでしょう。

決して彼女がわるいわけではないですし、おばさんである私が悪いわけでもないのです。

 

私なりの今回の件の解をまとめると、

演者:同僚と同じジャンルのメンバー(美人・若手・女)で4~5人そろえる。

それかいっそ老若男女にする。

絶対に美女とおばさんの二人きりでAKBは禁止です。

余興:「会いたかった」にします、歓迎な感じでるので。

 

・・・これだったら多少よくなるとは思いませんか?

 

AKBは世の中で「かわいい!」「たのしい!」と思われてます。ざっくりですけど。

ですから、余興にAKBを選ぶのであれば「かわいい!」「たのしい!」って思われる演者でなければいけないのです。それを満たすのが上記です。

 

自分が宴のメンバーの中でどう思われているかを考えて、

それに近い存在のものをググった結果の中から選択するとよいです。

ですから美人の同僚のAKBという選択は正解です。おしい。あと一歩。

そして、選ぶ余興ですが・・・

その余興を選んだ理由が説明できるとよいです。

〇〇さん、我が事業部へようこそ!会いたかったです!みたいな。

こんなんいわれたら盛り上がりますよね。

 

芸の内容はさほど重要ではなく、別に笑わせなくたっていいんです。

余興って笑わせたり、驚かせたりするイメージがありますが

感動でむせびなかせたり、ほんわかなごませたっていいのです。

とりあえず宴がたのしければいいのです!

 

あなたは若手ですか?ベテランですか?男ですか?女ですか?美人ですか?普通ですか?お笑い系ですか?暗いですか?ムードメーカーですか?腫れ物ですか?

いまいちど、ご自身のキャラの分析を!

 

ここからキャラ別に、思いつく限り私なりのアイデアをかいていきたいとおもいます。

 

 

 

 

【男×若手×元気】

余興をたのまれる頻度が高く、実際に得意とされている方が多いです。

そして、高確率で盛り上げるのに成功する反面、

まれに芸人さんのネタを丸パクリして超すべることもある諸刃の刃でもあるのが彼らの特徴です。

これは、宴のコンセプトをもう一回見直してみて、パクる芸人さんのネタや、

体をはった余興をそのコンセプトによせてみてください。かなりよくなるとおもいます。

注意事項は他のひとと演目をかぶらないようにすることです。要事前リサーチです。

 

【女×若手】

上記AKBのお話参照。

体を張れるのであれば、いまだったら平野ノラさんがおすすめです。

もうおじさんもおばさんにもネタ自体がうけるし、容姿で若者にもうけるし最高です。

これをコンセプトによせてください。

 

【余興が嫌い×シャイ】

声をださない楽器を使う余興がおすすめです。シャイは人前で声がでません。

それに楽器を演奏するということはその人の人格に全く関係がないので「この人はこういう人だ」という印象をつけずにすみます。

楽器もいろいろありますが、みんなにとって身近な楽器ですごい曲を演奏する、っていう余興がおすすめです。

ピアニカとハーモニカで情熱大陸をされている方がいるのですが、あんな感じです。

そんな楽器、私でもひけるわ!っていうレベルの楽器で、え?!その曲?!って思わせないとうけません。ギターとかハーモニカだと、ただすごいね~ってだけになっちゃうんです。

それをするなら、本当にすごい技巧をみせないといけないので余興の難易度が上がっちゃいます。

リコーダーとかで、すごい曲を演奏できれば、ほぼ100%うけるんですけど、

そんなのできないよ・・・という方は、宴のコンセプトにあった曲を選曲するといいと思います。誕生日会だったらハッピバースデーみたいなね。ちなみに複数人でやると音に厚み出ます。

 

【ベテラン×静か】

そもそも余興をたのまれにくい方だとは思いますが、もし、余興をすることになってしまったら一人でやらないほうがいいです。

さんま御殿でさんま先生が大女優をいじっておられる姿を思い出してください。

誰かからいじられ、あ、この人のこと笑ってもいいんだって空気になって、はじめて笑わせることができるのです。

そのため誰かが周りにいないと余興で盛り上がるのは難しいのです。

こういう方は宴のムードメーカーと二人でコントか、集団のダンスの中に紛れ込むとうけます。

 

【絵が得意】

私がおすすめするのはフリップ芸です。

事前準備さえすれば、当日、雰囲気にあわせて読み上げるだけです。絵描きは往々にして緊張しいなのでぴったりです。

絵だって、別にそんなに、超うまくなくてもいいのです。 

鉄拳先生や、いつもここから先生や、バカリズム先生・・・いろんな大先生の情報がネットには転がっていると思うので、フリップ芸をよく知らない方はそちらをご参照ください。

ネタを考えるのが大変だと思いますが、当日楽になるので頑張ってください。

宴のメンバーの中でのあるあるだとか、こんな〇〇は遠慮したい、などが考えやすいと思います。

あのエレベーターだけいつも来るの遅いとか、〇〇さんのエンターキー押す音でかいとか、〇〇さんの加湿器ききすぎて視界悪くて遭難しそうとか、そんなのを連発していきます。

 

================

 

長くなってしまいましたが

最後に要注意事項をひとつ・・・

余興はその人の印象をきめてしまう可能性があります。

 

会社人生でずっと、そのイメージが付きまとうので

自分のこれからのイメージも考えつつ楽しい余興を考えるといいとおもいます!

例えば、チャラ男とか、そういうイメージはあとあと会社で好きな人ができた時にマイナスですよね・・・とかそういうことです。

 

 

それではおやすみなさいませ。